プラスチック製品って、フタを閉めるのにプラスチックのツメが付いてるでしょ?


あのツメが折れちゃったり、あるいはメス側が壊れちゃったりしたら、もうフタが閉まらなくなって、あきらめて捨てちゃった!なんて経験はありませんか?


便利なプラスチック製品ですが、可動部分は同じプラスチックが使われていることが多く、私の家のテレビリモコンも、フタが付いている部分はすでにツメが折れてしまったため、フタ無し状態で使っている始末。


5.JPG



こういったプラスチック素材を、

再び同じプラで成形出来ちゃう優れものが


「ボンディック」


というスティック状のアイテム。

















まあ、ウチのリモコンはすでにフタ部分が行方不明となっているため、直しても遅いんですが、まだまだ多くのプラスチック製品の破損って多いでしょ?


ほかにも、コード類の付け根なんてすぐに破れちゃうし、ツメを引っ掛けて使う製品って、世の中にあふれ返ってるわけで、今までなら壊れたら捨てなきゃならなかったものが、復活できるというのは、けっこう画期的だと思うわけです。



動画を観てもらうと、いかに簡単にいろんな破損部品を復活+成形できちゃうかがわかりますよ。


あまり大きな部品とかは成形できなさそうですが、ちょっと力を入れすぎて壊しちゃった!っていうツメを使った製品って、けっこう家中にあると思うので、一つ持っておくと便利かも。



誰でも簡単に補修できちゃいますしね。


接着剤よりも便利そうですよ。