30代、40代になると、どうしても肌のキメがなくなり、くすみが目立ち、シミやシワが出て来ますよね!

でも、少しでも若い肌、綺麗な肌を維持したいと思いますよね?

だったら、アラサーやアラフォーのスキンケアとしては、


外部からはシンプルに!

内側からのケアに重点を!



洗顔や化粧水はサラッとシンプルに



多くの人が、年齢を重ねるたびに、念入りに洗顔をして化粧水をたっぷり塗って、ついでに美容液にクリームに・・・。

まだ30代40代なら、肌の自己回復力はちゃんとありますから、気合を入れなくても大丈夫。

洗顔は、しっかり泡立てればササッと済ませるくらいがちょうどいい。
あとは自己回復力(自己治癒力)で、肌は勝手に綺麗になろうとします。

下手に化粧水とか美容液とかで肌を甘やかすと、ますます自己治癒力がなくなって肌の老化が加速しちゃいますよ。

あ、これは若い人もいっしょか。


肌を作ってる材料は何でしょうか?



なぜか、ほとんどの人が

「スキンケア=化粧品」

という頭になっちゃってますよね?


肌というのは、化粧水でできてるんじゃなくて、”たんぱく質”で出来てるんですよ〜。


たんぱく質を摂ることで、体内でアミノ酸に分解され、アミノ酸が再び肌細胞として生まれ変わっていく、これを繰り返しているわけですよね?


じゃあ、たんぱく質を不足なく、しっかり摂取することのほうが、化粧水に高いお金かけるよりもよっぽど重要じゃないですか?

肉や魚、卵なんかをちゃんと食べましょう。
肉が苦手な人や、卵はアレルギーが・・・って人は、大豆製品(豆腐や納豆)なんかを食べましょうよ。

”肌の材料”であるたんぱく質をないがしろにして、化粧品ばかりに気を取られるなんて愚の骨頂だと思いませんか?


あなたの体は、あなたが食べた物で出来てるんです



あなたの肌もそうです、髪だって骨だって筋肉だって、すべては

あなたが食べたものが
体内でいろんな組織に再生されている


という事です。

化粧品を選ぶ前に、まずは綺麗な肌を内側から作ることから始めないとおかしいでしょう?


化粧品が肌に与える影響なんて、食事のそれと比べればたいした影響はないのに、、なぜか多くの人がお金と時間をかけてしまっています。

それよりも、アラサー・アラフォーの皆さんがまずやらなければならないのは、肌の材料をしっかりと摂取することです。



すっぽん小町の効果・効能と気になる副作用について