日焼け止めクリームなどには、SPFとかPAとかいう数値が表示されています。

SPFは最高で50+、PAは++++が日本国内では最高性能です。

SPFとは 日焼け止め.jpg


このSPFの値は少ないものでは10程度からあるのですが、実はSPFは30を超えるとさほど効果に差がなくなってきます

つまり、

SPF30〜50+は、日焼け止め効果としては数値ほどの差はない

ということです。



特にイベントで出かけたりするのではなく、普段使いとして使う日焼け止めであれば、SPFは10くらいで十分に機能しますし、普段使いから30以上もの日焼け止めは必要ないということです。


SPFの数値が上がると肌を傷める可能性が高くなりますからね。



SPF30とSPF50の違いは?


では、SPF30とSPF50の違いとは何なのでしょう?

日焼け止め効果そのものにはさほどの差はありませんが、例えば汗に強い成分を含有するなどして違いを出しているのです。

ですから、長時間外出する時間が長いとか、塗りなおしたりするシチュエーションがないなどの場合は、SPF50のものを選んでおくほうが安全だと思います。



SPF50+ PA++++でも石鹸で落とせる!そんな日焼け止めも存在する


SPF50+ PA++++という日本国内では最高レベルの日焼け止めだと、落とす時にかなり苦労するというイメージがないでしょうか?

クレンジング機能のあるものでゴシゴシとやらないと落ちないのでは・・・

そのくらい強力に肌に付いているように思えますが、市販の石鹸で簡単に落とせる日焼け止めがあること、ご存知でしょうか?








しかもこの日焼け止めがすごいのは、化粧下地や毛穴隠しなど、全部で8つの役割を果たすオールインワン化粧品だという所です。


オールインワン化粧品に最高クラスの日焼け止め機能が入った

といったほうがいいかもしれませんね。







 カテゴリ