人間の個々の寿命は、生まれた時にすでに決まっているといいます。
それは「寿命遺伝子」や「運命」のようなものもあるでしょう。

でも、寿命遺伝子も運命も、自分ではどうしようも変える事ができませんよね?


しかし!寿命を自分で伸ばす事ができる方法があります。



それは、酵素をたっぷり摂取することです。


「なーんだ、そんな事は知ってるよ。いまさら何だよ。」


と思っているあなた、酵素がどれほど寿命と密接に関係しているか、ほんとうにご存知でしょうか?



酵素がなければ人は生きられない


人は酵素がなくなると、指先一本動かす事はできなくなります。
つまり、われわれが生きて活動しているのは、全て酵素の働きによるもの。


例えば、立派な工場(肉体)があって、設備(脳・内臓・血管などの器官)が整っていても、労働者(酵素)がいなければその工場は稼働しませんよね?

人は酵素の働きによって、その肉体を活き活きと活動させていられるわけです。



ただ残念な事に、酵素の量は人によって生まれつき決まっているそうです。
少し極端ですが、使い続けることでどんどん酵素が消費され、やがて酵素が尽きたときが老衰で亡くなる時。


もちろん最初に述べた寿命遺伝子や、事故や病気などに遭う運命なども影響はされるので、全て酵素だけで寿命が決まっているわけではありませんが。


ただ、酵素には3種類あり、自分ではどうしようもないものが2つ(消化酵素と代謝酵素)。
もう一つは、補給することで増やせる酵素(食物酵素)。


寿命を伸ばすには、この「食物酵素」の補給がカギとなります。



食物酵素を補給して酵素を節約


酵素の中でも、消化酵素は食物を消化吸収する手助けをする酵素です。
現代人は食べる量が多いため、この消化酵素をたくさん消費しています。


『50歳を超えても30代に見える生き方』などの著書でおなじみの医師南雲吉則氏は、1日に1食生活で若さを保っていますよね。


消化酵素をあまり使わなくて済むメリットとして、病気やケガの治癒力を高める代謝酵素をたくさん使えることが挙げられます。

消化酵素と代謝酵素は、一定量を分け合っているので、どちらかを少なくすればもう一方は多く使えるということになります。



食事の回数やカロリー摂取量を抑える事で消化酵素を使う量を制限できるため、毎日発生していると言われるガン細胞やウイルスなどと闘う代謝酵素をそのぶん、たくさん使って健康を維持しているわけです。


逆に、食事量が多い人ほど消化酵素だけでは足りず、代謝酵素の割合まで消化酵素で使ってしまうため代謝酵素が少なくなり、風邪をひきやすくなったり疲れが取れないなどのデメリットがでてきます。


食物酵素は、その足りない分の消化酵素を補う働きがあるので、食品から摂る酵素(食物酵素)をしっかり摂っておくことで、消化酵素の節約ができ、結果的に寿命も伸ばせるということになります。




現代人は食物酵素が取りにくい現状にある

現代の日本人の寿命は世界トップクラスですが、これは医療の発達によるものであり別の論点となるので、ここでは割愛します。



現代の食事で好まれるのは、インスタント食品のような、主に熱処理された食品です。


しかし、酵素は熱に弱いため、熱処理された食品にはまず食物酵素は皆無です。

熱を入れずに食べる生野菜や生食が少ない人ほど、自分に割り当てられた生まれつきの酵素量だけが勝負、となります。

酵素は、ミネラルにたんぱく質が巻き付いたもの。
たんぱく質は熱であっという間に分解・変質してしまうのです。


そこで今注目されているのが、「生酵素」です。

熱処理をせず、生食で得られる酵素をそのまま抽出しているものだけが生酵素と呼ばれています。


日本のサプリメント業界は問題が多い


注意してほしいのは、日本中にあふれる酵素サプリの多くは、製造過程で熱処理をされています。
大量生産するためには仕方がないのでしょうが、それでは意味がありません。

酵素が耐えられる温度は50℃がやっと。70℃でほぼ壊滅。


残念ながら、日本のサプリメント業界は、悪質なサプリを平気で高値で売っているところが多すぎます。

DHCのように、真面目にサプリ作りに取り組んでいる業者は日本には数えるほどしかありません。
消費者の「モノを見極める技術と眼力」も必要な時代だと言えるでしょう。



その理由の一つとして、日本は健康保険が充実しているため、病気を未然に防ぐ「未病」という概念がまだ低いからとも言えます。

病気になっても病院に行けばいい、サプリは自己満足程度、という人も多いのでは?



アメリカのように、病気になると高額な医療費がかかる国は、未病のためのサプリメントがどれも優秀です。
みんな当たり前のように、食事と同時のたくさんの種類のサプリメントを飲みまくります。

アメリカで効果の薄いサプリメントを販売した業者はすぐに淘汰されてしまうため、業者も必死なんですね。



酵素補給にサプリメントを使うのは、現代人の食事の補充としてはとても賢い方法だと思います。

でも、購入するときには

「生酵素」あるいは「熱処理をしていない」という事を明記してあるもの

を選んでください。


でないと、高いお金を出して全く意味のない”ゼラチンと油のカタマリ”を買わされてしまう、という事になりますから。