汗で失った水分やミネラルを補給するのには、経口補水液が良いとされていますよね。
同じような機能は、スポーツ飲料にもありますが、はたして経口補水液とスポーツ飲料ではどう違うのか?

一番の違いは、

スポーツ飲料は甘みが多い
経口補水液は塩味が多い


ということです。

経口補水液1.jpg

コンビニで買える「水分や電解質をすみやかに捕球する経口補水液」500mlを買って、飲んでみました。
所ジョージのCMで有名な「OS-1」と同じような機能性飲料です。


味としては、塩水の味ですね。
汗の味?
ちょっと汚いけど、鼻水くらい?(笑)。


病院でやってもらう点滴って、なめたらこんな味なんでしょうか。


成分としては、スポーツ飲料よりも塩分が高めで、スポーツ飲料よりもミネラルの種類が多い。

真夏に外で汗だくになったりするなら、経口補水液です。
逆に、塩分が高めなので、高血圧の人や子供にはスポーツ飲料のほうがいいと思います。

汗をそんなにかかないのに、水分・塩分の捕球だけという場合もおすすめしません。
あくまでも、夏に汗だくになるほどの状況で飲むべきだと思います。


夏に外で肉体労働する人や、テニスやサッカー、野球など屋外スポーツする人などは、スポーツ飲料では力不足なので経口補水液をおすすめします。

真夏の真昼でのスポーツ観戦にもいいでしょうね。
意外と汗だくになっちゃいますし。


小分けにして飲むなら、単純に水分・塩分捕球でもいいと思います。
その場合は、飲み口に直接口をつけず、コップなどに移して小分けにして冷蔵庫に保管しておく事。


スポーツ飲料感覚で飲んではいけません。
逆に、体内の塩分が濃くなりすぎると脱水症状を起こしてしまい危険です。

ほんとに汗だくになるほど水分・塩分が不足している場合に飲むものだと思います。


逆に、汗だくで「水!水!」なんて状況で飲むと、瞬間的に元気になれます。
この不思議な感覚って、生きてることを実感できますよ。






 カテゴリ
 タグ