アタックといえば洗濯用洗剤の代名詞ですが、10年ぶりに花王が本気出して洗剤革命に乗り出した感があります。

泥汚れ、脂汚れ、すすぎの速さ、どれをとっても完璧じゃないでしょうか。


アタックZERO.jpg








発売5カ月半で5200万本を出荷したという、みんなが

こんな洗剤、待ってましたっ!


って叫ぶ声が聞こえてきそうな、そんな洗剤ですね。




私もアタックシリーズを使っていて、気づいたらZEROに変わっていたので使っていますが、一番気に入ったのは部屋干ししてもイヤなニオイが全く感じないことですかね。

特に冬って寒いし、外に干すのが面倒だからつい部屋干ししちゃうんですが、アタックZEROになってから生乾きのあのニオイを感じた事がありません。







まあ、先代のアタックは部屋干しした時に生乾きのニオイがする時もあったんですけどね、特に雨の日の部屋干しとかね。


ということは、雑菌とかがちゃんと洗えてなかったってことになるのかな?よくわかりませんが。

このZEROになってから全くニオイに関しては感じないので、きちんと雑菌まで落とし切ってくれているのかもしれません。




残念なのは、ちょっと高いんですよねえ。

価格が。



毎日洗濯するお家とか、結構な出費になるんじゃないですか?


まあでも、アタックがZEROになって洗濯洗剤の品質が2段階くらい一気に上がった気がするので、この価格も仕方ないでしょう。

一度使ってみたら、他の洗剤との違いがよくわかると思いますよ。
































.


 カテゴリ
 タグ