正直なところ、ダイエットしたいと思っている人ほど慢性便秘に苦しんでいる、という人が多いようです。

ダイエットし始めると慢性便秘になっちゃったりと、上手くいかないものですよね。


ところで、慢性便秘を即効で解消する方法は、生活習慣を変えることと、腸内環境を変えることでしょう。

便秘というのは生活習慣の積み重ねという部分が多く、知らず知らずのうちに症状が強くなっていくのは、普通の病気となんら変わることはありません。


野菜などの不溶性食物繊維を摂らない、納豆や昆布などの水溶性食物繊維を摂らない。
運動が嫌いで腹筋が弱く、体全体の筋力が低下してリンパや血流が流れにくく、腸の筋力が低下している。
腸内環境が悪いため、正常な便が作れない。


いろんな要素が重なることで、慢性便秘が発症しているのですが、本人はそれに気づいていないから、便秘になりやすい楽な生活を習慣として続けてしまっているというわけです。



ただ、野菜はしっかり食べているし、運動もしている、だけど便秘だ!という人もいるんですよね。

これって、おそらく腸内環境があまりよろしくない。

腸内には、約100兆個の腸内細菌がいて、消化吸収を助けたり、正常な便を作ったり、腸の動きを活発化させたりといろんな役割を果たしていますが、ひとりひとりの腸内フローラの状態によって、それが良い方へ働いたり悪い方へ働いたりするわけです。


特に、善玉菌と呼ばれる菌が少ない人は、慢性便秘の原因となりやすいみたいです。

善玉菌というのは、その99.9%がビフィズス菌と呼ばれるものです。
ビフィズス菌は、ヨーグルトなどで追加摂取するのが一般的ですが、実はビフィズス菌は胃酸にとてつもなく弱い!


それこそ、99%以上のビフィズス菌は、胃の中で死んで腸まで届かないんです。
最近は、胃酸に強いタイプのビフィズス菌も開発されているようですが、それとて焼け石に水。


じゃあ、ビフィズス菌は増やせないのかというと、実はビフィズス菌を活発化させるには、腸内を「酸性」にすることが大切なんです。

そのためには、乳酸菌をたくさん取り入れることで、現在住んでいるビフィズス菌が活発になり、わざわざ胃から入れなくても腸内でどんどん繁殖していくことになるわけですね。



その乳酸菌も、人によっては合う、合わないというのがあって、これがまた個人差が激しいところ。

”○○菌が腸に効く!”なんて、いろんな種類の菌を配合したヨーグルトが売られていますが、どれを試しても効果があるとは思えない・・・それは、腸内フローラには個人差があるからなんですよ。



だったら、はじめからいろんな種類の乳酸菌が大量に入ったものを摂取したら、どれか当たるんじゃない?という考えの乳酸菌があります。





それがスマートガネデン乳酸菌






通常、ヨーグルトには1種類の菌を強化して配合したものが多いですが、このスマートガネデン乳酸菌は、はじめから23種類もの乳酸菌が入っているので、自分に合う菌が入ってる確率が高い。


現に、物心ついた時から便秘ですっ!って人が、スマートガネデン乳酸菌を摂り始めてからわずか2週間ほどで、ほぼ毎日。
悪くても2日に1回はトイレに行けるようになった、って例もあるくらいですから。


こういう菌って、ヨーグルトなどの食品で摂るよりも、サプリなどで摂ったほうが効率がいいんです。
なぜなら、ヨーグルトよりも菌の量が多いうえに、カロリーも抑えられているから。


この先ずっと便秘に苦しむよりも、とりあえず試してみれば、少なくとも後悔はしなくて済むと思いません?



便秘をスッキリ解消して痩せるならガネデン乳酸菌の効能が効果的