ある程度の年齢の方なら、

「芸能人は歯が命」

っていうCM、覚えていらっしゃるのでは?
今は芸能人は白い歯が当たり前、一般人も歯が命、そんな時代ですよね?


ホワイトニングするメリットとは



やっぱり、歯並びの良い白いきれいな歯って”清潔感”があります。
3割増しで、男性はイケメンに、女性は可愛らしく見えてしまうものです。

LED ホワイトニング 光触媒.jpg


逆を考えるとわかりやすいですね。
歯が汚れている人って、なんだか不潔に見えますし、口も臭そう(笑)。

あまり対面で話をしたくないですよね?


歯は自然に黄ばむもの



歯は、毎日の食事やコーヒー・ワイン・タバコなどの色が沈着しますから、放っておけば誰でも必ず黄ばんでくるんです。
それが自然なんです。
歯 タバコ ヤニ 黄ばみ コーヒー 色素沈着.jpg

ですから、ホワイトニングという考えも技術もなかった時代は、白い歯は逆に不自然ですし、誰もが年齢をかさねれば黄ばんだ歯になっていたはずです。

逆に、白い歯を保っている人は、定期的に歯医者などでホワイトニングをしてもらっています
芸能人も当たり前のように、定期的なホワイトニングは欠かせないそうです。

歯医者 ホワイトニング 定期.jpg


ホワイトニングは2種類ある



今は一般人でもホワイトニングに通う人も多く、白い歯をキラキラさせて笑っている人も増えてきたようですが、実はホワイトニングは2種類あるって、ご存知でしょうか?


一つは、過酸化水素を使った本格的に真っ白にする方法
これは歯医者で行うもので、芸能人やモデルなど、人に見られる仕事の方に適しています

メリットは、真っ白な歯になれます。
が、引き換えにデメリットも多く、差し歯は過酸化水素を使ったホワイトニングはできません

また、強力な過酸化水素を使うため、施術中はかなりシミますし、施術後も痛みを伴う場合も多いようです。
しかし、芸能人やモデルは、この痛みを何度も繰り返しながら、永久に真っ白な歯を手に入れる事ができるのです。

ホワイトニング 副作用.jpg

テレビで異常なほど真っ白な歯をしている芸能人やタレントを見たら、ああ、つらい思いをしてきたんだなあ、と思って応援してあげてください(^o^)。



もう一つの方法は、過酸化水素の代わりに酸化チタンポリリン酸ナトリウムなどの薬剤を塗り、そこにLEDライトを当てる、光触媒を使った方法です。

酸化チタンの薬剤とOLEDの光触媒を使う方法は、
現時点では”最強”のホワイトニングです。


LED ホワイトニング 酸化チタン.jpg

メリットは多く、痛みを全く伴わないこと、歯の汚れも光触媒の作用で分解してしまうこと。
そして、何より自然な白さの歯になることでしょう。


施術後もしみる等の痛みはゼロ。
もちろん、LEDのホワイトニングは副作用もありません

これほど優れた家庭用ホワイトニングは、他には皆無です。


あえてデメリットといえば、芸能人なみの真っ白な歯にはならない、というところでしょうか。

ただ、一般人の場合は不自然なほどの真っ白な歯は異様ですから、あえて酸化チタンのホワイトニングをする方のほうが多いようですし、逆にそのほうが好感度は上がります。


⇒ LEDライトとホワイトジェルで白さ輝く笑顔へ!ホワイトWスター