2015年のゴールデンウィークに、神戸にグルメ旅行をしたい!と思っているなら、絶対おすすめのコースがあります。

名づけて、「朝から晩までご満悦!神戸グルメ旅行三昧+夜景付き」

・・・イマイチなネーミングですみません。

まずはホテルを探しましょう!
ホテルといえばそう、”朝食”です。

ホテルによって様々な朝食が出てきますが、そんな中でも世界最大旅行会社TripAdvisorの日本法人トリップアドバイザー株式会社が毎年発表している

「行ってよかった!朝食のおいしいホテルランキング」で去年、一昨年、そして2015年と3年連続一位に輝いた「ホテルピエナ神戸」の朝食とスタッフサービス、これは外せません。




ホテルピエナ神戸は、朝食だけが目当てで宿泊する客がとても多いという、ホテル朝食フリークにはたまらないホテルです。

パティシエの作るスイーツから味噌汁まで、悶絶しそうなほど美味しい朝食がズラリと並ぶんですよ。
正直、たまらんです。

しかも!スタッフサービスが超!素晴らしい。
世界の一流ホテル並?(泊まったこと無いからわからないけど)
これがほんとの”お・も・て・な・し”、実感しちゃってください。


まあ、どうしても南京町とは隣接していてほしい、なおかつ格安で泊まれるホテルのほうがいい、というならおすすめは「スマイルホテル神戸元町」でしょうか。
ただし、悪くはありませんが、いたって普通・・・なのでご了解を。





さて、朝食を味わった後は、やっぱりグルメ街に出動です。

神戸のグルメといえば南京町。
ホテルピエナ神戸から車で30分もあれば行ける距離にあります。

「横浜中華街」「長崎新地中華街」と並んで日本三大チャイナタウンでもある「南京町」には、並みいる中華料理店がズラリ!

おすすめは南京町の定番”老祥記の豚まん”。
肉まんじゃないですよ、”豚まん”です。

長蛇の列に並ばないと買えないのですが、南京町に行ったのなら絶対外せないお店ですね。


夜はやっぱり、ハーバーランドへGO!
”これぞ神戸の夜景!!という夜景がバッチリ楽しめます。

以上、朝は日本一の朝食を味わい、昼は日本三大チャイナタウンの料理を味わい、夜は日本有数の夜景を味わう。

忙しく働き詰めの毎日、たまの長期休暇くらい、このくらい贅沢しても神様は許してくれると思いますよ。