いつ会っても元気な人っていますよね?
こういった、毎日元気で生き生きしてる人って、「食欲旺盛で快便」な人が多いのはごぞんじの通り。

ところが日本人は、食事の欧米化によって便秘気味の人がものすごく増えています
とてもじゃないですが、快便とは無縁な人が大勢いて、毎日便秘に悩んでいる・・・それが今の日本人の現状です。

快便であるためには、腸内に”善玉菌”であるビフィズス菌が多く存在しなければなりません


しかし、ビフィズス菌というのは胃酸に極端に弱く、ヨーグルトなどで摂っても99%以上が胃酸によって死滅してしまう、という問題があります。


だったら、ビフィズス菌のエサであるオリゴ糖を摂りましょう!というのが、腸内でビフィズス菌を増やす最も効果的で簡単な方法ではあるわけです。


日本で唯一の100%純粋オリゴ糖 ⇒ 日本一のオリゴ糖




なにせ、良質なオリゴ糖さえ摂れば、腸内で勝手にビフィズス菌が増殖してくれるわけですから、これほど手軽な健康法は他にないでしょうね。


オリゴ糖を摂取する方法は、現在のところ最強と思われますが、今や科学の発達だってすごい時代。

なんと、胃酸に強いビフィズス菌というものも開発されていて、すでに販売されているのをご存知でしょうか?

それがこの「LKM512」というコードネーム(?)がついた新型ビフィズス菌です。

詳しくはこちら ⇒ メイトー/ビフィズス菌LKM512



つまり、口から入って胃酸を生き抜くビフィズス菌が開発されたことで、腸内の善玉菌を増やす方法が、今までのように腸内のビフィズス菌にエサ(オリゴ糖)を与えて増殖させる方法だけではなくなった、ということです。


では、LKM512ビフィズス菌と、エサとなるオリゴ糖を同時に常用したら・・・?

腸内は短期間でみるみるうちに善玉菌優位となり、快便!快便!な腸の出来上がりです(笑)。


便秘というと、すぐに食物繊維や水分が取り沙汰されますが、それは便を作る工場でもある腸が”正常な状態”であってこそ効果を発揮するわけです。


腸の健康を棚上げしておいて、食物繊維や水分補給ばかりやっきになることは、逆に便秘を悪化させるだけですからね。