最近では、自転車に対する道路交通法での規制が強くなってきましたね。

まあこれも、今まで事実上”無法地帯”だった自転車のマナーが見直されようとしている、そんな気がします。


確かに、自転車のマナーの悪さに閉口した人、多いのでは?


そんな中、自転車が被害者になることはもちろん、自転車側が「加害者」となってしまう交通事故も多く発生しています。

特に、対歩行者に対しては、絶対的に自転車は加害者となります。
どんな理由があってもです。


極端な判決では、事故を起こした時に当時小学生だった子供に、9000万円の賠償請求が出た判決もありましたね。
みなさん、まだ記憶に残っていると思います。


正直、この判決を聞いた時に戦慄が走りました。

私も自転車に乗りますし、そう考えるといつ何時、歩行者に対して加害者になるかわからない・・・


そう思い立ってすぐに、自動車保険にオプションで選べる「自転車特約」に入ったんですが、今どきは自転車専用の保険なんてのもあるんですね。

JBR-Motorcycle


被害者になってしまった時も加害者になってしまった時も、事故だけでなく、自転車が盗難に遭ってしまった時も、転ばぬ先の杖として入っておけば安心ではないでしょうか。


特に、小学生くらいまでの子供が、自分の知らない間に他人と事故を起こしてしまった場合、必ず親に責任が回ってきます。


子供の起こした事故で、親が自己破産する事例も数件出ているようです。

自転車も車両である、という意識付けを行い、第一に安全運転・交通ルールの厳守をしつつ、いざという時のためにも保険には入っておくべきだと思います。


JBR-Motorcycle