誰だって、自分の愛犬はいつまでも長〜く、一緒にいたい!

と思っているはずです。

私の実家でもヨークシャテリアを飼っていますが、定期的に病院で検診を受けさせていますし、やっぱり小型室内犬なので大型犬に比べれば寿命は短いのですが、それでも1秒でも長生きさせてやりたいし、自分も一緒にいたいですからね。

そのためにも、普段からドッグフードに気をつかっていますか?


人も動物も、”食べた食品で体はつくられている”という、物理的根本を忘れないようにしておきたいものです。

しかし、ドッグフードの世界もやはり、”利益追求”である事は間違いありません。

安いからといって、いい加減な原料で作られているドッグフードがいかにも多いことか。

栄養のバランス、考えてないでしょ?知識ないでしょ?って言いたいようなドッグフード、世の中にあふれかえってますよ。



人間の場合なら、足りない栄養価はサプリメントで補いますが、では愛犬の場合はどうでしょうか?

犬にそこまで気をつかう必要ないよ、って人もいるかもしれませんが、野生ならともかく、犬として生を受け、あなたの元へなんらかの縁あってペットとしてやってきたのですから、やはり最大限できる限りのことはしてあげたい、と思いますよね?


愛犬は、伝えたい事があっても鳴く事しかできませんから、やはり飼い主であるあなたが、常に愛犬の変化を感じ取るしかないんですよね。


でも、どんな栄養が足りないか・・・なんて、獣医ではないんだからわかるはずもなく・・・。


だから私の実家では、犬専用のサプリメントも使ってます。

飼い始めた頃から使っているため、変化についてはわかりかねるんですが、基本ドライのドッグフードとおやつはドライソーセージの私の愛犬は、今年で6年目ですがとにかく元気いっぱい、毛づやもとってもいいです。

獣医さんも「どこも悪くないし、元気だね」とほめてくれるんですが、犬用サプリを食べさせている事は言ってません。


いつまでも長く、家族の一員として迎えたからには1秒でも長く一緒にいたいから、後悔しないためにもこのサプリをやめるつもりはありません。

⇒ 『長生きわんこ』