電子書籍とは、本やマンガを専用の端末やスマホなんかにダウンロードして読む、あれです。

最近はいろんな企業が電子書籍に参入してて、正直どこがいいのか迷っていませんか?

そんな中、衝撃的なニュースが飛び込んできました。
それは、大手コンビニのローソンが、電子書籍事業(エルパカBOOKS)から撤退するというもの。

2014年2月24日でサービスが停止するんです。


「それがどうした?エルパカBOOKSで電子書籍買った事あるけど、新しくダウンロードできなくなるだけだろ?
もう必要な本はダウロードしてあるからいいよ」

そうではありません。

今までにお金を払ってエルパカBOOKSの電子書籍をダウンロードした人は、これまでダウンロードした電子書籍は一切見られません。

つまり、お金を払って購入したはずの電子書籍が、お金を払っているにもかかわらずもう読むことができないんです。


これはどういうことかというと、電子書籍というのは紙の書籍と違い、お金を払っても自分のものではないということです。

ローソンの例を挙げると、あなたがエルパカBOOKSで購入したはずの本やマンガは、実はエルパカBOOKSが用意したサーバーのデータをのぞき見しているだけ、というわけです。


つまり、エルパカBOOKSのデータを見るための権利を購入しただけ。
決してあなたの物になったわけではない、ということです。


元の電子書籍を販売している企業やサービスが、今回のエルパカBOOKSのように事業から撤退したり、あるいは倒産した場合は、あなたが今まで購入した(と思っている)書籍は全て閲覧できなくなるんです。

まあ今回のエルパカBOOKSの場合は、電子書籍購入にあてた金額と同額を、電子マネーの「Ponta」に換金するらしいので、ユーザーにとってはまるまる損害とはならないんですが、油断しているといつの間にか購入したはずに電子書籍が見られなくなってた、なんて事もあり得るんですね。


でも、これじゃ不安じゃないですか?
いつ自分が使ってる電子書籍サービスが終了、あるいは事業撤退、倒産、なんてことになったら、今まで自由に閲覧できてた本とサヨナラしなければならなくなります。

「こんな事になるのなら、普通に紙の本を買っておくんだった・・・」

後悔先に立たず・・・こんな事にならないよう、電子書籍は”撤退が考えられない企業”のものを使うべきでしょう。

楽天でさえ、電子書籍サービス「Raboo」を昨年撤退させた経緯がありますし、よほど信頼できてずっと安心な所となると・・・やはりAmazonでしょう。

Amazonの電子書籍サービスなら、今のところ世界で一番信頼性のある電子書籍サービスだと思います。

電子書籍の購入という行為は、自分の物になるわけではなく、単にサービス企業が用意したサーバーの中のデータをのぞき見する権利を買う、という事になりますが、それでも数千冊の本を300g程度の端末に持ち歩けるという魅力があります。

そういうメリットを、ずっと安心して使いたいと思うなら、電子書籍サービスを使うのなら初めからAmazonで利用すべきだと思います。