マニフレックスは耐久性抜群の高反発マットレス

寝具選びに頭を悩ませていませんか?

一時期、低反発マットレスなどが流行りましたが、低反発マットレスの弱点は、耐久性が弱い事。

1年も使い続けると、すぐに「へたり」が出てきます。
へたると、寝心地が変わってしまいますし、反発力が無くなれば意味をなしません。

マニフレックスは、物によっては15年保証までついているという、大変耐久力の高い「高反発マットレス」。


⇒ 今話題の高反発マットレス「マニフレックス」



腰痛がひどい人や、毎日体を駆使している人、とにかくぐっすりと熟睡がしたい人などが対象です。


サッカーの香川真司選手や、大リーグの青木宣親選手などもマニフレックスの愛用者。

青木宣親選手などは、マニフレックスを必ず遠征先にまで持って行くそうです。


ほかにも多くのプロアスリート達が、マニフレックスの高反発マットレスを愛用しているそうです。


スタンフォード大学のスタンフォード睡眠・生体リズム研究所とウィーヴァジャパンとの研究で、低反発マットと高反発マットのどちらがより質の高い睡眠を得られるか、の実験をしていて、高反発マットのほうが初期入眠の深部体温が下がるため、より深く睡眠を取れるという実験結果を得ています。


マニフレックスは高価なので、購入にはちょっとした決断が必要かもしれませんが、質の良い睡眠を10年以上にわたって得られる事を考えると、数千円のものを何度も繰り返し購入するよりも実は安あがりである、という事なんです。


トップアスリート達がこぞって愛用しているのには、それなりの理由があるということです。