「アメリカはサプリメント大国」

そう呼ばれるのには、大きな理由が2つあります。





1つめは、アメリカは日本のように保険制度が発達していないからです。

日本では、病院へ行けば保険証を出すのが当たり前ですが、アメリカは様々な理由で保険証を持っていない人も大変多く、もし病気になると実費になるため、病気になる前の予防策としてサプリメントを愛用する人が多いためです。

2つめは、アメリカではサプリメントに関して法律があるからです。

日本は、医薬品に関してはかなり厳しい法律が定められていますが、サプリメントに関しては正直なところ”野放し状態”
アメリカでは、サプリメントに関しても厳しい法律の下で製造、販売されています。

その分、サプリメント各社は競合他社との競争に負けないよう切磋琢磨を繰り返すため、日本では考えられないような質の高いサプリメントがたくさんできあがるわけです。


このように、アメリカと日本では色々とサプリメントに対する”背景”が違うため、必然的にアメリカのサプリメントは日本のサプリメントに比べて”高品質”なものができやすいわけです。

もちろん、日本は”野放しの自由競争”に近いため、真面目に取り組む会社はアメリカにひけをとらないほど品質の高いサプリメントを作り上げますし、儲け主義のところは、低品質のサプリメントを作って広告を流すだけで高利益を出す、というやり方をしています。

アメリカのサプリメントに比べると、全体的に日本のサプリメントは10年か、それ以上の遅れがあると言われています。

実際、アメリカのサプリメントはたいへんすばらしく、特に栄養剤(ビタミンなど)のサプリメントの品質に関しては、日本はどうやっても真似ができないほど品質が高いです

それは、含有率や吸収率、飲みやすさ、コストパフォーマンスなど、全てにおいてです。

一度アメリカのサプリメントを試したら、類似の日本製サプリメントが「お菓子」に思えてしまうかもしれません。