膝が痛くなると、正直歩くのも怖くなりますよね。

階段なんか、登る時は膝がズキッと痛くなるし、降りる時もガツッ!って突然痛みがやってくるから、ゆっくりと上り下りするしかありません。

膝は痛みが出だした初期段階で、サポーターなどで保護しないと、どんどん悪くなる一方です。
放っておいて良くなる事はないですからね。

痛みの初期段階では、本格的な膝サポーターよりも、手軽だけど性能が良いサポーターで膝を保護した方が良いです。

こちらで紹介しているサポーターは、あの24時間テレビのタレントさんがマラソンしているとき、常に一緒に走ってサポートしている年配の方(坂本トレーナー)が監修したサポーターです。

ただ、見ての通り少し大げさなルックスになります。
見た目よりも軽くて薄い素材なんですけどね。

ここまで大げさじゃないほうがいい、というのであれば、性能も良くつけはずしも簡単なものがこちらです。





見た目もすっきりしていますし、夏など暑い季節はこちらのほうがいいかもしれません。

どちらの膝サポーターも、重い症状の膝の痛みには力不足ですが、膝が痛くなった初期段階なら全く問題なく膝を保護してくれます。

このサポーターとの組み合わせなら、膝が痛くて歩くのがおっくうだった人でも、一歩踏み出せばあとは勝手に足が前にどんどん進んでいくような、不思議な感覚を味わえます。

健康な人でも膝の保護目的や、山登りが好きな人にも上記膝サポーター2種類はおすすめです。