美髪シャンプーの嘘 (経営者新書)という本をご存じでしょうか?_

美髪ブームに乗って、誇大広告のシャンプーにご注意を!という内容の本なんですが、確かに、テレビCMでやってるほど有名なものほど、髪によくない(必要ない成分が入っている)ものが多いですね。

タレントさんなどがCMやってて、あなたがテレビのCMで見たことがある、知っているというシャンプーはほぼ90%以上、髪と地肌にダメージがあるシャンプーだと思っていいです。

中には、ノンシリコンをウリにしているものもありますが、シャンプーはノンシリコンでもコンディショナーにはしっかりとシリコンが入ってたりするものがほとんどです。


シャンプーやコンディショナーにシリコンなんて必要ありません!

シリコンって必要なの?
実は全く無意味です。

だって、シャンプー・リンス・コンディショナーなどに入ってるシリコン粒子の目的は

・髪の表面を覆うように張り付いて、髪にツヤが出たように見せかけること
・シャンプー時の手触りをなめらかにするため


これ以外に、シリコンを配合する意味なんてありませんから。

つまり、髪そのものが健康になってツヤが出るのではなく、シリコン粒子のツヤで髪にツヤが出たように見せかける、という役割なんです。

しかもこのシリコン粒子、毛穴に簡単に入り込んで毛根を詰まらせるため、健康な髪が生えてくることを阻害したり、それによって髪が細くなったりしてしまう元凶なんです

しかも、すすぎ時には背中などの毛穴にも入り込み、背中にきびを作る原因にもなります。

はっきり言って、シャンプーにもコンディショナーにも、シリコンなんて必要ないんです。

ちゃんと髪の毛のキューティクルを整えてくれて、それによってツヤが出るシャンプーやコンディショナーなんて、探すほうが難しいくらい。

CMや雑誌広告に載ってるシャンプーなんて、正直なところ価格の1/3〜半分近くは広告代金ですから、いかに安く大量生産ができる”粗悪”なものか、ということがわかると思います。

自分の髪をいつまでも若々しく、本当の意味で健康な髪を守っていきたいと思ったら、やはり消費者である我々がモノを見る目を養うべきではないでしょうか。

本当の無添加・ノンシリコンとはどういうものか?こちらを見ればすごく理解できると思います。

⇒ ノンシリコーン・アミノ酸系無添加【利尻シャンプー/コンディショナー】





 カテゴリ