幼い頃、ひどいアトピーのため、ゾウの皮膚ようだった女の子の母親が、その子を不憫に思ってアメリカに渡ってアトピーを改善するための研究を重ね、できあがった保湿剤を使い、その女の子は今やモデルとして活躍するほどになった、という保湿剤、それが「みんなの肌潤糖」。

⇒ アトピーに悩む方の間で話題沸騰中!『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』
保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』

この話にはある程度のフィクション要素もあるとは思いますが、アトピーの度合いだどれくらいかはわかりませんが、本筋としてはおそらく本当のことでしょう。

5年の歳月と2億円・・・というのもまあ、おそらく”盛った”可能性がないとは言えませんが、実はこの「みんなの肌潤糖」、今まで何をやってもどうにもならなかった、それどころか医者の出してくれるステロイド系の薬をつけても年々ひどくなったという人たちが、「みんなの肌潤糖」を使い出してからみるみるアトピーが改善されたとネット上で口コミが広がった、そういう保湿剤です。

いわゆる、知られざる名品とでもいいましょうか。
アトピー肌の最後のとりで、アトピー肌に悩む人が最後に行き着く駆け込み寺、そんな扱いをされている商品であることは疑いようがないでしょう。


実は私事なのですが、ウチの息子はアトピー気味(症状は軽いタイプだと思います)で、今でも肌は弱いんですが。

この「みんなの肌潤糖」、中身は変わっていませんが、以前は「奇跡の肌砂糖」という名前で出ていまして、そのころ(2年ちょっと前くらい)に一度購入、息子に使わせたところ、”こんなに効果あるのっ?”と思えるほど、あっという間に肌が綺麗に変わっていった事があったんです。

まあ、息子の場合は本当に軽いアトピーなのでなんとも言えないんですが、それこそ毎日使い続けてものの1週間程度で、見違えるように肌の色つやが良くなっていったという事例がありました。

一袋を使い終えた所で、なんか良くなってきた感があったのでリピはしなかったんですが、たしかに病院でもらった塗り薬や飲み薬では何の変化もなかったのに、「奇跡の肌砂糖」(現:みんなの肌潤糖)を使ったとたんに良くなったのは事実。

当時はあまり気にとめてなかったので、どんな感じの使い勝手だったのか?とかは、たいして記憶してないんですが・・・(汗)

ちなみに息子は、冬は人並みの乾燥肌にはなるようですが、以前のようなアトピーで赤くなったりかゆくなったりすることは全くなく、2年以上前に肌潤糖を使い切って以降、ずっとピチピチの肌のまんまですね。


保湿剤といっても、肌に特殊な砂糖を塗り込んだ後にざっと洗い流すだけ、なんですけどね。


症状にもよるとは思いますが、「アトピー・乾燥肌に悩む人の駆け込み寺」「アトピー肌の最後のとりで」
になるものだと今でも思っています。

⇒ 無添加アトピーケア、保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』