もう学歴社会は古い、今からは実力社会だ!


・・・いくらがんばって叫んでいても、それは学歴の低い人達の「負け犬の遠吠え」なんです(笑)。



なぜそう言えるのか?
社会に出る前の時点では、見ず知らずの人間に実力があるかどうかなんてわかりません。

まずは真面目な人間かどうか? ちゃんと毎日会社に来て仕事に尽力してくれそうかどうか? 
それには、まずはその人の第一印象と学歴で判断するしかないんですね。

となると、やっぱり学歴のある人じゃないと良い会社に入ったり、いい職業に就ける確率は格段に低くなってしまう、だから学歴社会は永遠に続くんです。

子供が小さいうちに知育をすることで、いわゆる「頭の良い子」になる可能性は大きいですね。
天才キッズってやつですか。

子供に期待するわけじゃありませんが、最終的には子供本人のためになるんだと思うんですが、特に5歳までに知育すると良いそうです。

それ以降だとあんまり意味がない、って言われてますね。

きれいごと言っても、やっぱり学歴は今後の人生において大きなウェイトを占めるようになるんですから、子供の可能性を広げるためにも、幼い頃に知育玩具を与えてあげる、というのは親のやさしさだと思うわけです。