コラーゲンって、美容に必須!みたいなとらえられ方をしていませんか?
実際には美容だけでなく、体の隅々、それこそ細胞一つ一つまですべてコラーゲンって存在するんです。

だから、コラーゲン=美肌 というのは正しくもあり、間違ってもいます。

コラーゲンを食べたからといってそれがそのまま肌の成分になるわけじゃありません。

TV・雑誌で話題の…コラーゲンサプリ!送料無料でプレゼント付
すっぽん小町


難しい説明をしているサイトも多いですが、もっと簡単に言うと、


口から食べたコラーゲンは、体内でアミノ酸に完全に分解されます。
単にいろいろなものに組み立てる事のできる部品であるアミノ酸として、一度はばらばらにされちゃいます。
この時点で、すでにコラーゲンではなくなっています。

これが再びコラーゲンとして再生されるのか?といわれると、そうではありません。

体内で他に不足しているものがあれば、元はコラーゲンを作っていたはずのアミノ酸は、他の成分として使われます。
筋肉が疲労して傷ついていたとしたら、修復のために筋肉繊維へと変わってしまうわけですね。

美肌のためだと思って飲んだり食べたりしているコラーゲンが、肌じゃなく筋肉や骨や内臓の方へまわるわけです。

じゃあ飲んでも無駄?といわれると、そうではないです。
全部ではないにしろ、当然、その一部は肌へもまわってきます。

体を作っている最小部品であるアミノ酸を摂取することは、体の中の工場に、部品を提供している事なんです。

部品は多ければ多いほど、様々な物を作って応用することができますからね。

肌もその「様々な物」の一部です。

体の機能を維持するために必要な栄養を、必要な分だけ食べる、つまりバランス良く栄養を摂っている限り、本来サプリメントというものは必要ないのです。

しかし現代人は不規則なリズムで生活している人も多いので、すべてバランス良く栄養を摂るということが難しい、だからサプリメントで補っているだけ。
サプリメントの正しい利用方法です。

コラーゲンそのものを補うために摂るのではなく、不足しているアミノ酸という材料を摂っている、というのが、コラーゲンサプリの真実といえるでしょう。

とはいえ、どうせなら良質なコラーゲンを摂ったほうが、体にはいいこと間違いありません。

すっぽん小町