布団を干すと日光消毒によってダニが死ぬ、と言われていますよね?

ずっとそれを信じて、晴れた日は布団をせっせと干している人、今でも多いようですが、じゃあダニは死ぬのか?と言われると、ダニはこう言っています。


 「ぼくは死にましぇ〜ん」 


そう、布団を干してもダニは日光が当たっているのと反対側へ逃げるので、死なないんです


これ、結構最近の研究発表でしたよね?覚えてますか?


そして布団叩き、これは死んだダニの死骸をたたき出すと言われていましたが、やっちゃいけないんですよ。

ダニは死なないし、布団を叩くことで布団の中の綿がダメになるそうです。


布団を干して叩くのが趣味だという人(?)にとっては、がっかりした事実ですよね。


ただ、布団干すと気持ちいいですから、それが布団干しのいいところ。

湿気も飛びますしね。


日光消毒だけではダニが死なない、つまり、ダニアレルギーに悩んでいる人にとっては解決策にならない事がわかったわけです。


そこで、ヤーマンから出たこの「レイコップ」。





イギリスのアレルギー協会が認定したという、ダニをUV(紫外線)で殺して同時に吸い取っちゃうというすぐれものです。


布団専用とうたってますが、靴や服、まな板なんかも除菌できちゃいます。

そう、レイコップはダニだけでなく、UVでいろんな雑菌を殺して吸い取る事が可能です。


ダニって、どこの家庭の布団にも何十万匹っているわけですから(ひどいところは1枚に何百万匹・・・)、ダニアレルギーになる人も出てきますよね。。


ダニだって生まれたり死んだりを繰り返しているわけで、死んだダニの死骸とかは毎晩、我々は寝ている時に鼻から肺の中へ吸い込んでるんですよ。


まあ、アレルギーが出なければ問題はないのですが、やっぱり気持ち悪いものですよね?

レイコップは、花粉症の人やハウスダストアレルギーの人にもぜひ使って欲しいものです。


レイコップの働きですが3段階にわかれます。


1,まず布団を傷つけない程度に細かく振動して叩くことで、まずダニやハウスダスト、花粉などを浮き上がらせ


2,そこに強力なUVランプを当ててダニを瞬殺


3,標準フィルターとマイクロフィルターのダブルフィルターがきれいな空気を排気する


というもの。


まあ、きれいな空気といっても”そこそこ”きれいな空気という程度で見ておきましょう。

とはいえ、標準的な紙パックの掃除機よりも排気はきれいですよ。


欠点は、フィルターやUVランプ、集塵袋などのいわゆる消耗品の別売りなどが今のところあまり充実していません。

もちろん探せば購入できるのですが、購入してすぐは消耗品の心配はいらないので問題はないと思います。