ニキビ痕が残って、顔の皮膚がクレーター状態になっている人を見かけますが、実はほとんどの人があきらめているそうです。
ニキビ痕がクレーターのようになっている有名人といえば、ブラックマヨネーズの吉田さんですが、もっとひどい人も世の中にはたくさんいるんですね。

Reproskin(リプロスキン)





ニキビ痕はなぜできるのか?
それは、主に思春期にニキビが通常よりも多く出来てしまったため、皮膚組織が均一になってないから。

ニキビができたすぐそばにまたニキビが発生する、それが繰り返されたり、ニキビを無理につぶしたりすると、それまできれいに並んでいた肌の細胞組織がグチャグチャになって並んでしまい、その状態でターンオーバー(肌が生まれ変わる細胞循環)が繰り返されるという悪循環ができあがってしまいます。

→ ニキビ痕で本気でお悩みの方へ


じゃあもう肌の組織はグチャグチャなんだから、それをどうすればいいのか・・・
一番いいのは、そう、皮膚移植でしょうね(笑)。
でも、「じゃあやるか!皮膚移植!」ってワケにはいきませんよね。
そこまでするならニキビ痕そのままでいいや、って人のほうがおそらく多いと思います。

でも、そのままにしておくよりも、やるだけやってみたほうが後悔しないと思いませんか?
昔はとにかく洗って保湿、これが基本でしたが、今はニキビ痕専用の導入型柔軟化粧水というものがあります。

ニキビ痕専用導入型柔軟化粧水「リプロスキン」は、グチャグチャになっている角質層をやわらか〜くして、含まれている様々な成分を深層部にまでしっかりと染みこませる、というちょっと特別な化粧水。

ニキビ痕に焦点を絞っているので、通常の化粧水とは使い分けたほうがいいかもしれません。

リプロスキンは、60日間毎日2回は必ず使ってみて、それでも全然効果がなかったら全額返金してもらえるので”買って損した・・・”という事はありません。
本当に正しい使い方をして、それでも効果がなかったのなら遠慮なく返金をしてもらってください。
そのほうが、メーカーにとってもデータ取りという面でメリットがありますから、快く返金してくれますから。